ぼくがジョブズに教えたこと

ぼくがジョブズに教えたこと
ノーラン・ブッシュネル ジーン・ストーン
飛鳥新社
売り上げランキング: 240,135

正式タイトルが「Finding the Next Steve Jobs」と本来であれば「次のスティーブ・ジョブズを発見する(方法)」となるのに邦題が「ぼくがジョブズに教えたこと」となっているのはいいのだろうか?

内容も確認してみると、
「ぼくがジョブズに教えたこと」
ではなく
「Finding the Next Steve Jobs」
が書かれていた。

まぁ〜それはいいとして、そもそも発見できるのだろうか?という疑問があるし、見つけたとしてもその才能を生かすことってできるのだろうか?
確かにそのための組織論は述べられていたがそこまで包容力のある(自信と言い換えてもいいかもしれない)経営者が数多くいるとはとてもじゃないけど思えない。

だからきっと著者は上のようなことを懸念して、最後のページに一言、「行動しろ」と書いたのかもしれない。
頭で理解したつもりでも行動に移すのには雲泥の差がある。
実行しても100%成功するとは限らない、でもやらないと次のイノベーションが産むことはできない。

最終的にどうするかは一人一人の読者が判断することなのかもしれないと思った次第である。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*