ヤング・インディ・ジョーンズ〈3〉マタハリの恋 (文春文庫)

ヤング・インディ・ジョーンズ〈3〉マタハリの恋 (文春文庫)
村松 潔 ジョージ ルーカス
文藝春秋
売り上げランキング: 1,054,232

初版が1993年2月20日!

TV放送されている時には小学生だったこともあり気がつかなかったのだが、マタハリに出会う前までは、インディ・ジョーンズはどうやら童貞だったのではないだろうか?

インディは当時、高校生ぐらいの年齢なのに、初相手が高級娼婦ってなかなかないと思うんだけど。

そこはドラマだから、きっと成立するんだろうな〜。
ちょっと羨ましい気がする。
いやだいぶ。

初行為以後、色々な男と遊ぶマタハリの姿にインディは嫉妬するわけだけど、そりゃ〜自分のものにしたくなりますわな。
物語の真ん中ぐらいまで束縛しようとするんだけど、それを振り払うマタハリ。
完全に振り回されてしまって心底ストレス溜まってそうだよなぁ〜と。
仮にスマホとか持っていたら、しょっちゅう、LINEとかして、相手の既読を待つのにイライラしていたんじゃ〜ないのかな。
実際にはないんだけどね。

話は変わるけど、マタハリが実際にスパイ活動を行なったかどうか確かな根拠はないらしいが、当時、第一次世界大戦だったこともあり、仮想敵が必要だったのだろう。
いつの時代にもあるんだなぁ〜。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*