はじめてのiOSアプリプログラミング入門 決定版

読了

はじめてのiOSアプリプログラミング入門 決定版 (-)
辨崎 宗義
秀和システム
売り上げランキング: 1,070,562


amazonでは酷評されていたが、そんなに悪くはないんじゃーないかなー。

確かにUILabelと記述しなければいけないところをNSLabelって記述していたり誤字があるので、タイトル通り初心者が本書を通してプログラムをした場合、Buildが通らず確認できない事態に陥ってしまうので、よくはないかもしれないが、すでに少し触っていて、Interface BuilderとiCloudの使い方を学ぶにはわかりやすいんじゃーないかと思った。

実際に、本書を通して簡単なView構造の場合、今後、Interface Builderを使って実装しようかなと思った。

さすがに、storyboardは、まだ賛否両論があるので、難しいところではあるのだが。。。

というわけで、本書はタイトルを変更すれば結構いける良作なんじゃーないかと思った次第である。

iPad電子書籍アプリ開発ガイドブック

読了。

iPad電子書籍アプリ開発ガイドブック
中島聡 まえだひさこ 新井英資 向井領治 大原ケイ クレイグ・モッド
インプレスジャパン
売り上げランキング: 519,027


電子書籍の作り方を勉強したかったんだけど、電子書籍というよりもかるーいカタログみたいな感じが近いかな。

もちろん初心者にはおススメできず、ちょっとObjective-Cを触ったことがある人ならいいかも。

ユメみるiPhone ―クリエイターのためのiPhone SDKプログラミング

読了

ユメみるiPhone ―クリエイターのためのiPhone SDKプログラミング
徳井 直生
ワークスコーポレーション
売り上げランキング: 641,230


Interface Builderの使い方を説明している本の中で、一番わかりやすかったかも。

これを機に本格的に使っちゃうかも。

OpenSound Controlは、非常に興味深かった。
音楽系アプリを作る時の1手段となるかも。

後、シェイクの考え方とかも参考になったなー。

初心者には、敷居がちょっと高いと感じるかもしれないけど、ちょっと触ったことがある人なら、有益かも。

結構、よかった。

iPhone/iPadアプリ実践開発ガイド HTML/CSS/JavaScriptでつくるネイティブアプリ

読了

iPhone/iPadアプリ実践開発ガイド HTML/CSS/JavaScriptでつくるネイティブアプリ
溝田 隆明 バスケ 大宮 聡之
MdN
売り上げランキング: 809,685


webだけでクライアントアプリを作る方法をもっと深堀したかったので、本書を手に取りました。

Chapter5 twitterアプリの関しては、もはや、iOS5からObjective-C側で呼び出せるので、当時は新鮮だったかも知れないが、今、読んでも、「ふーん」ぐらいにしかならないのではないだろうか?
実装方法は参考になるかもしれないが。

ASIHTTPRequestの使い方が、ちょろっと書いてあったが、POSTでパラメータ付の場合の問い合わせ方法も知りたかったな。
贅沢いいすぎかな?単純は、GETリクエストしかなかった。

Chapter4は、ライブラリを使ってパズルゲームを実装していたので、理解するのはラクチンだった。
それに比べたらChapter3方が難しかったな。順序逆にしてもよかったかも。

HTML、CSS、JavaScriptも触ったことがない超初心者には難しいかもしれないが、ある程度、書けるなら、本書は有益かも。

iOS SDK Hacks ―プロが教えるiPhoneアプリ開発テクニック

読了

iOS SDK Hacks ―プロが教えるiPhoneアプリ開発テクニック
吉田 悠一 高山 征大 UICoderz
オライリージャパン
売り上げランキング: 160,901


iOS4がでたあたりで書かれたっぽいのですが、quartzで、文字列を出力する方法や、UITableViewCellの最適化の話しなど、未だに通用する技がたくさん盛り込まれており、リファレンス本として重宝かも。

本書は、中上級者向けなので、エントリー本としては向かないので、初めての場合は、他の書籍をあたったほうがいいと思います。

ライトウェイト・プログラマのためのiPhoneアプリ開発ガイド

読了
ライトウェイト・プログラマのためのiPhoneアプリ開発ガイド
ライトウェイト・プログラマのためのiPhoneアプリ開発ガイド
百瀬 健太 古渡 晋也 プロモバイル株式会社

前回読んだサンプルプログラムから学ぶ iPhone SDK プログラミングガイドとはまた別の項目についてサンプルアプリを通して学習できるのだが、こちらの方がiOS特有の国際化の方法やOpenGLの説明がなかった分楽だったかもしれない。

だからと言ってこの手の本全部に言えることなのだが、プログラミング初心者にとって本書はやはりきびしいものであることは否定できない。

いきなりObjective-Cの説明をされてもやっぱりわからないと思うのです。
言語自体も他と比べて難しいと思うし、iOS特有のフレームワークも理解しないといけないし、InterfaceBuilderの使い方もわからないといけない。

詳解 Objective-C 2.0」から入るというのも手としてはありだが、分厚すぎて、読了する前に興味が燃え尽きてしまう可能性がある。

果たしてプログラム初心者にInterfaceBuilderを使わずにかつ楽しく飽きることなくObjective-C学べる教材はないのだろうか?

ちなみに本書を読んで、一歩進んだカメラアプリを実装したい場合は、
iPhoneデジカメプログラミング
を読むといいと思います。マイクアプリを通して音楽(or 音声)アプリに興味を持った場合は、
iPhone Core Audioプログラミング
にさらに詳しいことが書かれているのできっと勉強になると思います。

iPhoneデジカメプログラミング

読了

iPhoneデジカメプログラミング
細谷 日出海
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 813,427


カメラアプリを作るときは、まず入門として、UIImagePickerControllerで実装するが、例えばInstagramのように矩形で撮影をしたり、ARを実現したり、エフェクタをかけたい場合は、もっと深い部分のフレームワークを使う必要があり、本書でその部分を深くえぐっている
見事な一冊。

カメラアプリの特性上、外部ライブラリが多発するため、Objective-Cをまったく知らずにいきなりこの本はやっぱり厳しいので、まったく初の場合は詳解 Objective-C 2.0iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンスを一読することをお勧めします。

本書では、iOS4.x以降を対象にしているので、JSONを使う際には、外部ライブラリを使ってパースしているが、iOS5以降を対象する場合は、NSJSONSerializationクラスが使えるので、もう少し簡単に書くことができたりします。

FlickrAPIを使ったカメラアプリのところで、multipart/form-dataを使ったバイナリデータの送信方法を知ることができるが、それ以前に、Flickrって、今使われているの?と素朴な疑問。

ちょうどカメラを使ったアプリを作っていたのでこのタイミングで本書にめぐりあえてよかった。

サンプルプログラムから学ぶ iPhone SDK プログラミングガイド

読了

サンプルプログラムから学ぶ iPhone SDK プログラミングガイド
酒井 裕司
インプレス
売り上げランキング: 1,849,461


amazonでは酷評されていたが、サンプルコードがほぼなくて、XcodeとInterface Builderの説明に重点が置かれていたので、むしろよかったかも。
まーサンプルプログラムから学ぶという趣旨からはだいぶずれてしまったが。

少なくとも、

#pragma mark

は、貴重な資料となった。

ただ、対象OSが、iOS2.2時代だし、Xcodeのバージョンもいまや3ではなく4になってしまったので、今から新しくiOSのアプリを作る方には、まったく向かないと思われる。

本書を読んで気になったのが、どうしてフレームワークに、OpenGL ESを採用したのかということ。
Quartzの方が導入が楽な気がするのだが。

iOSのアプリを作りたくて、本書を一番最初に手に取った方は大変だろうなーっと思いながら最後まで読んだ次第です。

iOSデバッグ&最適化技法for iPad/iPhone

そっこーで読了

iOSデバッグ&最適化技法for iPad/iPhone
國居貴浩
秀和システム
売り上げランキング: 951,942


本書はアプリを作る方法というよりも、それをサポートする「デバッグ」や「Instruments」などに焦点を合わせた内容で、その点に注目すると他のHow to本よりも読み手を選んでしまう本と言える。

しかし、驚いたことに、ページを捲ってみると、まるで初心者に合わせたようiPhoneアプリの作り方も平衡して書かれており、C、Objective-Cを少しでも齧っていない人には難しい内容だと感じずにはいられなかった。

さらに、実機でテストを行う方法についても書かれていたが、ぶちゃっけこの内容だと正直つらいものがあり、もう少し順序立てて説明した方がいいと思った。

誤字もひどいものがあった、いたるところで、「leak」ではなく、「leark」と書かれており、最初は、気にならなかったが、徐々にイライラしてきた。

プログラムの記述に関してもひどいものがあり、例えば、
p70

intmain(intargc,char* argv[]){

}

と型と関数名を繋げて、さらに、型と引数名を繋げて書いてしまっているケースがあった。
(ぱっと今読み返して2カ所発見。)

これだと、intmain関数と解釈してしまうC言語初心者がいるのではないのだろうか?

IT書籍を多数発行している、あの秀和システムからの書籍だっただけに、この点でもショック。

最大のショックは、Xcode4ベースで内容が進んじゃったこと。

現在、Xcode4はベータ版で提供されており、ほとんどの開発者の方は、3.XXを使っているはず。
この理由としては、Xcodeに付属しているiOSもベータなので、安定版である3.XXで使った方がが安心してアプリを作ることができるからだ。

そんな中、本書を読んでよかったと思ったのは、やはり最大の売りである「Instruments」の使い方とNSAutoReleasePoolクラスが把握できたことかな。

これで今後の開発においてメモリ管理のデバッグがやりやすくなったかと思うと、1890円だした価値はあったのかなーっと。

iPhone Core Audioプログラミング

超大作を読了

iPhone Core Audioプログラミング
永野 哲久
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 349,098


CoreAudioを専用に扱ったサンプルアプリの紹介なのですが、内容が濃すぎて正直な話、すべて消化しきれたとはいいきれない。

実は、本書を手に取ったのは、iPhoneの開発というよりも、むしろ、iPadの音楽用アプリケーションを作りたいと考え購入しました。
twitterで何回も言っていますが、今後、音楽業界(特に楽器業界)は、iPad用のアプリケーションを作ってくるのは、間違いなく、実際、KORGに先を越されてしまった。
(非常に悔しい。。。orz)

誤解してほしくないので、きちんと書きますが、すべての楽器が、iPadに置き換えられるというわけではないので、あしからず。
おもに、DTMの揺り戻しが発生すると考えています。

で、話は横にされましたが、本書は、iPhoneアプリケーションの初心者にはまったくむかない本である。
しかも、アプリケーションをXcodeで作っただけではなく、リリースした人が対象と思われる。
というのもiPad音楽ライブラリーにアクセスする方法は、エミュレータだとできず、実機でないと動作しないので、実機にアプリを転送した経験がないと厳しいかなと。
(これは、本書のせいではなく、フレームワークはこのような仕様になっているため、仕方がない。)

また、InterfaceBuilderも使ったことがないと本書は厳しいんじゃないかなと。
サンプルアプリでは、説明抜きでIBoutletが普通に登場するので。

さらに、高校数学、具体的に、sinθ、cosθの計算、一次関数それもy切片を使う関数、大学数学も少し必要で、フーリエ変換、三角関数の逆関数も登場するので、理系である必要もあります。

これだけでも、かなり対象者は限られているのにもかかわらず、さらに、フレームワークの都合上、ポインタが多発するので、C言語にも慣れていないと本書を読むことができない。

こう書いていくと、一体誰が買うんだー?という疑問がわき起こるが、今、iPhoneアプリの開発ラッシュを考えると需要はあると思います。

CoreAudioの完全解説版が本書登場以前にはなかったので、本書がバイブル的な存在になるのは、明らか。
かなり細かく網羅されているので、リファレンスと併用して使っていきたい。

しかし、唯一残念だったのは、サンプルコードをビルドしてもエラーが発生してしまい、どうしても動作確認をすることができなかった。
具体的には、最終章のFMDrumをXcodeのver 3.2.2で、iPhone OS 3.0で普通にコンパイルを行ったが、どうしてもエラーをはずすことができなかった。(他にも結構、コンパイルエラーがあった。)
本書の冒頭には、iPhone OS 3.0で動作確認できたとあったので、じゃー、コンパイルできるだろーっと思っていたのだが。

ただでさえ、本書のサンプルコードには省略されている部分が多く、前後関係を把握したい意味で、サンプルコードを実行しながら、確認していきたいと思っていたのに、こうもいきなりコンパイルエラーをかまされると、すごく萎えてくる。

なので、本書は、ページ数がものすごく多くなるが、サンプルコードの全コードの掲載をしてほしいなーという要望が一つありました。
今度、出版されるJavaScript第6版並になるかもしれない。
(amazonでみると、1000ページを超えている!!)

後、本書、執筆時点で、最新のXcodeで動作確認をしてほしかった。。。

こうして書いてみると、今後、新しいCoreAudioだけに特化し、またサンプルコードのコンパイルのエラーが起きないような本が登場した場合、バイブルの地位を奪われるのだろうなーっと思ってしまった。

まだ、上記のような問題点があったため、すべてのサンプルコードを理解できていないため、今後、何回か再度、読んでいきたいと思いました。

これをきっかけに、CoreAudioをマスターしていきたいし、そのスタートとして最適に一冊である。