#go #golang 今さら人に聞けないvisual studio codeでGo環境を整える

前回、windows7でGo環境を整える方法について書きましたが、さすがに、Sublime Textでコードを組んで、dosプロンプトでビルドでして実行してというプロセスだと開発効率があがらないので、もっとスマートな方法を探していたところ、visual studio codeでプログラミングする方法が結構あったので、その方法について調査しました。

  1. visual studio codeをダウンロード

    まずは、visual studio codeをダウンロードします。

    「Visual Code Studio ダウンロード」というリンクがあるのでそこをクリックする(下図参照)。

    画面が遷移します(下図参照)。

    windows7用のexeファイルをダウンロードします(下図参照)。

    クリック後、ページが遷移した瞬間に、ダウンロードのポップアップが表示されるので保存を行います(下図参照)。

  2. visual studio codeをインストール

    ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックします(下図参照)。

    「実行」ボタンをクリックします(下図参照)。

    「次へ」ボタンをクリックします(下図参照)。

    利用規約に「同意する」にチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリックします(下図参照)。

    インストール先のフォルダの確認をして、「次へ」ボタンをクリックします(下図参照)。

    プログラムアイコンの作成する場所の確認をして、「次へ」ボタンをクリックします(下図参照)。

    追加タスクの設定を行います。ここではそのまま何もせず「次へ」ボタンをクリックしました(下図参照)。

    「インストール」ボタンをクリックします(下図参照)。

    インストールが完了するまで気長に待ちます(下図参照)。

    インストールが完了したら、「完了」ボタンを押します(下図参照)。

  3. Goの拡張機能をインストール

    Visual Studio CodeでGo言語をプログラムしやすくするために、Goの拡張機能をインストールします。

    拡張機能を選択して「Go」と検索します(下図参照)。

    「インストール」ボタンを押して拡張機能をインストールします(下図参照)。

  4. Goファイルを開くと追加でパッケージのインストールが求められるので全てインストールします。

    ここでの注意点としてインストールするにはgitが必要なのであらかじめインストールしておく必要があります。

以上のような流れでVisual Studio Codeのインストールを行い開発を少しずつ始めたわけですが、Sublime Textでコードを組むよりも時間がかからないので開発効率があがりそうです。

#go #golang 今さら人に聞けない初めてのgolang

ちょっと案件で必要になりそうだったので、windows 7環境下でgolangをインストールしてhello worldを表示する方法について調査しました。

  1. golangをダウンロード

    goのインストールページにアクセスしてmsiファイルをダウンロードします。

    「Download Go」というリンクをクリック(下図参照)。

    ページ遷移後、Microsoft Windows用のリンクがあるのでそこをクリックします(下図とその次の図を参照)。


    クリックした後、ページ遷移するので、その時に、msiファイルのダウンロードウィンドウが表示されるのでそのままダウンロードします(下図参照)。

  2. golangをインストール

    ダウンロードしたmsiファイルをダブルクリックしてインストールを行います(下図参照)。

    「実行」ボタンをクリックします(下図参照)。

    「Next」ボタンをクリックします(下図参照)。

    利用規約に同意するためにチェックボックスにチェックを入れて「Next」ボタンをクリックします(下図参照)。

    インストール先を決めて「Next」ボタンをクリックします(下図参照)。デフォルトでは「C\Go」にインストールされます。

    「Install」ボタンをクリックします(下図参照)。

    粛々とインストールが完了されるのを待ちます(下図参照)。

    インストールが完了したら「Finish」ボタンを押して終了です(下図参照)。

  3. 環境変数の設定

    任意のフォルダにあるgoファイルをビルドしたり実行したりできるように環境変数を設定します。

    window7の場合、「スタート」ボタンをクリックします。

    コンピューターのところを右クリックをして「プロパティ」をクリックします。

    「システムの詳細設定」をクリックします。

    「詳細設定」タブの「環境変数」ボタンをクリックします。

    「ユーザー環境変数」パネルで「新規」ボタンをクリックします。

    「変数名」に「GOPATH」と入力します。

    「変数値」に実行先のパスを入力します。今回は仮に「C:\go_workspace」と入力しました。

  4. Goファイルの新規作成

    Goファイルを新規作成する前に、まず任意のフォルダを作成する必要があるのですが、ここでは先ほど環境変数で設定した「go_workspace」フォルダをCドライブ直下に作成します。

    作成後、さらに「go_workspace」フォルダの中にさらに「test」というフォルダを作ります。

    testフォルダの下に「bin」フォルダ、「src」フォルダ、「pkg」フォルダを作成します。

    それぞれのフォルダを作成後、「src」フォルダの中にさらに「hello」フォルダの作ります。

    「hello」フォルダ作成完了後、「hello.go」ファイルを新規作成します。

    「hello.go」ファイル新規作成後、下のようにプログラムの入力をします。

  5. コマンドプロンプトでGoファイルを実行。

    コマンドプロンプトを立ち上げます。

    cd C:\go_workspace\test\src\hello を打ち込みます。

    次に、go build を打ち込みます。

    exeファイルが同じフォルダにできるので、最後に hello と打ち込めば、コマンドプロンプトで「hello, world」と表示されます。

ここまでの流れでgoファイルの実行ができたのですが、意外と時間をかけずに実行することができました。

ただ、buildして実行してと、実行までのプロセスが若干、冗長と感じられたのでもっと素早くデバッグしてビルド、実行とできないのかなと思いました。

#Apache 今さら人に聞けないPHPを使わずにMacでローカルサーバを立ち上げる方法

Mac OS X 10.5(Leopard)の時は、確か、Finderのシステム環境設定からweb共有というのがあって、それを選択するだけで、apacheが起動する超楽チンな機能があったと思い、久しぶりにその機能を使ってlocalhostを立ち上げようとしたら、なくなっているじゃーありませんか!

なんであんなに便利な機能がなくなってしまったのかよくわかりませんが、文句を言っても始まらないので、自力でlocalhostを立ち上げる方法を調査しました。

Qiitaにある記事をいくつか読んでみると、PHPも一緒に使う方法が多く、今回、PHPは必要なかったのでいくつかアレンジ(と言ってもコメントアウトをそのままにしただけなのですが)を加えて、ずばり、PHPを使わずにMaxでローカルホストをた立ち上げる方法について書いてみたいと思います。

Macの環境は、Mac OS X 10.12.6 Sierraです。

  • /etc/apache2/httpd.confのいくつかあるLoadModuleのコメントアウトを削除

  • /etc/apache2/httpd.confのDirectoryの部分を修正

下のコメントアウトの部分をコメントアウトされていない部分に修正します。

  • /etc/apache2/httpd.confのコメントアウトされているIncludeもいくつか削除

  • /etc/apache2/extra/httpd-userdir.confのコメントアウトされているIncludeを削除

  • /etc/apache2/users/の直下に、username.confファイルを作成(usernameは任意のusername。下の例は、hogeという名のユーザー)

  • /etc/apache2/extra/httpd-vhosts.confファイルの修正


最後に、Apacheを起動します。

以上の手順を踏まえて設定を行い起動させたらPHPを使わずにhttp://localhost/hogeとしてローカルサーバーを立ち上げることができました。

blogの引越しをしました

実は、去年までBloggerBugle Diaryというタイトルでブログを書いていたのですが、PhotoBucketの仕様変更か何かでアップロードがした写真ないしが表示されなくなってしまった。

おそらく有料会員ないし何かしらの課金をしないと表示されないわけだが、昔と比べてそこまでトラフィックもあるわけではないので新しくwordpressで初めてみようかなと思いました。

でも、なんか気持ちの整理がつかないな~。

一番古いエントリー見ていたら2017年とあったので約10年続けていたのでそれなりに少なからずとも愛着があったわけで…

切り替えて書いていこうっと。

基礎からのiPhone SDK 改訂版

基礎からのiPhone SDK 改訂版
鶴薗 賢吾
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 785,091


改訂前と比較して、何が変わったのかわからなかった。

この次の

基礎からのiOS SDK
基礎からのiOS SDK

posted with amazlet at 15.11.21
鶴薗 賢吾 松浦 健一郎 司 ゆき
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 742,964

も読もうかな?

サンプルプログラムでマスターする iPhone SDKプログラミング実践ガイド

読了

サンプルプログラムでマスターする iPhone SDKプログラミング実践ガイド
柴田 文彦 森田 秀幸 森本 一茂 近藤 修平 加藤 貴之
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 954,599


プログラム初心者には向かない。

Cをかじったことがある人ならば大丈夫かもしれないが。

TwitterのAPIを使ったサンプルがあったが、今は、SocialFrameworkがあるので、それを使ったほうがいいかも。

google mapを使ったサンプルもあったが、iOS6以降は独自地図なので、気になる方は、google map iOS sdkを使ったほうがいいかも。

appendixの文字が本文よりもフォントが小さかったのでここは同じでいいんじゃーないのかなーっと思った。
小さいと読む気力が下がってしまうので。
もちろん人によるかもしれないが。

基礎から学ぶ iPhoneアプリ開発

読了

基礎から学ぶ iPhoneアプリ開発
林 晃
シーアンドアール研究所
売り上げランキング: 420,195


他の技術書と比較して本自体の大きさが小さいの非常にコンパクトでいいですね。

プログラム初心者向けではなくある程度の技術を取得している人向けなのも他のiOS関連の書籍と同じかな。

改訂版がでているので、今だったらそっちを手にとったほうがいいかも。

改訂3版 基礎から学ぶ iPhoneアプリ開発
林 晃
シーアンドアール研究所
売り上げランキング: 201,886