ライトウェイト・プログラマのためのiPhoneアプリ開発ガイド

読了
ライトウェイト・プログラマのためのiPhoneアプリ開発ガイド
ライトウェイト・プログラマのためのiPhoneアプリ開発ガイド
百瀬 健太 古渡 晋也 プロモバイル株式会社

前回読んだサンプルプログラムから学ぶ iPhone SDK プログラミングガイドとはまた別の項目についてサンプルアプリを通して学習できるのだが、こちらの方がiOS特有の国際化の方法やOpenGLの説明がなかった分楽だったかもしれない。

だからと言ってこの手の本全部に言えることなのだが、プログラミング初心者にとって本書はやはりきびしいものであることは否定できない。

いきなりObjective-Cの説明をされてもやっぱりわからないと思うのです。
言語自体も他と比べて難しいと思うし、iOS特有のフレームワークも理解しないといけないし、InterfaceBuilderの使い方もわからないといけない。

詳解 Objective-C 2.0」から入るというのも手としてはありだが、分厚すぎて、読了する前に興味が燃え尽きてしまう可能性がある。

果たしてプログラム初心者にInterfaceBuilderを使わずにかつ楽しく飽きることなくObjective-C学べる教材はないのだろうか?

ちなみに本書を読んで、一歩進んだカメラアプリを実装したい場合は、
iPhoneデジカメプログラミング
を読むといいと思います。マイクアプリを通して音楽(or 音声)アプリに興味を持った場合は、
iPhone Core Audioプログラミング
にさらに詳しいことが書かれているのできっと勉強になると思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*